ガンマGTPの数値上昇要因と下げる工夫

ガンマGTPの数値上昇要因と下げる工夫

ガンマGTPは、肝臓の機能がどのようになっているか、
すなわち肝臓が壊れかけていると、血中にガンマGTPという成分が流れ出すことから、
肝臓の働きをチェックするうえで欠かせない成分の一つです。

 

 

そのガンマGTPの数値が高いと言われたら、
きっとドキッとするのではないでしょうか。
自分は肝臓ガンか、肝硬変か、なんなのだ〜と悩んでしまいそう。

 

けれどもガンマGTPは、
例えば風邪をひいているときにも風邪薬の影響で数値が上がったり、
アルコールを飲んだ翌日に測っても高いといわれているので、
まずは自分の肝臓の状態を把握することが必要ですよね。

 

 

もちろん、脂肪肝など日々の暴飲暴食が
たたってしまっている場合もありますから、要注意です。

 

 

ガンマGTPの数値を下げるのに大切なのは、日ごろの食生活を見直すこと、
アルコール摂取を控えるまたは絶つこと、
そしてプラスとして適度な運動を取り入れることです。

 

過度な運動は肝臓の負担になりますから、適度に散歩するなど、
今までしていなかった運動を取り入れてみましょう。

 

毎日ちょっとずつでも続けることが、健康的な肝臓になり、
ガンマGTPの数値を下げることにつながるポイントなのです。

 

禁酒して1週間もすれば、数値は下がるそうですけれどね。

ガンマGTPの数値上昇要因と下げる工夫関連ページ

ガンマGTPと薬
ガンマGTPというのは、肝臓の破壊され度がわかる数値です。
ガンマGTPとは
ガンマGTPとは、お酒を飲まない方でしたら、あまり聞き覚えのない物質ではないでしょうか?
バイアグラとガンマGTP
中高年の男性の間でよくみられる、ガンマGTPの数値の上昇。
ガンマGTPの数値は感冒によって上がるか?
人間ドックを受けた際に、風邪をひいていた方で、 検査でガンマGTPの数値が高く出たという方がいらっしゃいました。
お酒を飲む人はガンマGTPの数値に注意
晩酌が欠かせない方は、ガンマGTPの数値に注意を払うようにしなくてはなりません。
ガンマGTPの数値はアルコールに敏感?
ガンマGTPの数値が高い人は、前日にアルコールを飲んでいませんでしたか?
ガンマGTPが高いわけ
ガンマGTPの値が高いと言われた方は、ガンマGTPの数値が高い理由が知りたくないですか?
薬でガンマGTPがあがる?
ガンマGTPの上昇原因として薬がある?