ガンマGTP アルコール

ガンマGTPの数値はアルコールに敏感?

ガンマGTPの数値が高い人は、前日にアルコールを飲んでいませんでしたか?

 

実は、ガンマGTPは肝臓だけではなく、腎臓、膵臓、血液中などに含まれ、
タンパク質を分解する働きを持った酵素です。

 

 

そしてこの酵素、アルコールや薬が肝臓の細胞を壊したりしたとき、
結石やがんなどで胆管が詰まっているときは、血の中に流れ出るのだそうです。

 

というわけで、毎日肝臓にアルコールを浴びせている方は、
そのためにガンマGTPの数値が高く出るわけですね。

 

 

毎日晩酌を楽しみにされている方は、たくさんいらっしゃるかと思いますが、
そのたびに肝臓の中ではアルコールで細胞が破壊され、
血の中に流れ出ていると考えると、
なんだかアルコールに手を出す気が失せそうな感じもします。

 

 

肝臓の病気ではないかというふるい分けのために、
ガンマGTPの数値を使うことはよくあるそうです。

 

精密検査が必要な肝臓であると判断された場合は、
そこからさらに肝臓などの検査に移るわけですが、
ぎりぎりのボーダーラインにいる方は
医師からアルコールの摂取に関して何か言われたりするかと思います。

 

 

肝臓は沈黙の臓器なので、
普段から気を使って大切に使ってあげないと、急に爆発するかもしれませんね。

ガンマGTPの数値はアルコールに敏感?関連ページ

ガンマGTPと薬
ガンマGTPというのは、肝臓の破壊され度がわかる数値です。
ガンマGTPとは
ガンマGTPとは、お酒を飲まない方でしたら、あまり聞き覚えのない物質ではないでしょうか?
バイアグラとガンマGTP
中高年の男性の間でよくみられる、ガンマGTPの数値の上昇。
ガンマGTPの数値は感冒によって上がるか?
人間ドックを受けた際に、風邪をひいていた方で、 検査でガンマGTPの数値が高く出たという方がいらっしゃいました。
お酒を飲む人はガンマGTPの数値に注意
晩酌が欠かせない方は、ガンマGTPの数値に注意を払うようにしなくてはなりません。
ガンマGTPが高いわけ
ガンマGTPの値が高いと言われた方は、ガンマGTPの数値が高い理由が知りたくないですか?
薬でガンマGTPがあがる?
ガンマGTPの上昇原因として薬がある?
ガンマGTPの数値上昇要因と下げる工夫
ガンマGTPが上がりやすい要因は何か。また下げるために日ごろからすることは何か