ガンマGTP 数値

ガンマGTPの数値別に見る病気のリスク

健康診断で、ガンマGTPの数値が高いと言われてしまった方。
自分の数値が高いのか低いのか、
平均的な正常値を知らなければわかりませんよね。

 

 

そこでここでは、ガンマGTPの正常値についてお話ししたいと思います。

 

例えば成人男性で、ガンマGTPの数値が10?50、
女性では9?32であれば、正常値として認識されます。

 

そこから100くらいまでの数値に入ってしまっている場合は、
アルコール性肝障害になってしまっていたり、
またはアルコールを飲まなくても薬物性肝障害や慢性肝炎、
また脂肪肝などになってしまっている可能性があります。

 

もちろん、肝硬変、肝がんの可能性も否定できないので、
お医者さんにかかったほうが安心なわけですね。

 

 

100?200の間の場合は、
上記にプラス胆道疾患の可能性なども出てくるそうです。

 

200?500になってしまっている場合には、
アルコール性肝障害のほか、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯、
慢性活動性肝炎なども疑われます。

 

500以上ではすぐに精密検査になるかと思いますが、
やはり上記のような病気の場合が多いようです。

 

肝臓は沈黙の臓器といわれているだけあって、
悲鳴をあげてしまってはもう手遅れと言われます!
日ごろから、気を付けていたわってあげましょう。

ガンマGTPの数値別に見る病気のリスク関連ページ

肝機能の低下では疲労感がまずは現れます
肝臓の主な働きの一つに、体内の毒を消す働きがあります。
脂肪肝とガンマGTP
脂肪肝の方は、ガンマGTPの数値が健康診断などでは高いと出る方がほとんどです。
ガンマGTPと脂肪肝
自分はやや肥満傾向だ、というかたでガンマGTPの数値が高いと言われてしまったら、自分の肝臓は脂肪肝になりかけていると思ったほうがいいかもしれません。
脂肪肝になるとどんな病気になるのか
脂肪肝というのは、肝臓の周りにバターがついているような、フォアグラのような肝臓になってしまう病気を指します。
脂肪肝を放っておくと危険
私の知人で、脂肪肝と健康診断で言われている方でも、みなさんあまり気に留めていらっしゃらない印象を受けます。