脂肪肝を放っておくと危険

脂肪肝を放っておくと危険

私の知人で、脂肪肝と健康診断で言われている方でも、
みなさんあまり気に留めていらっしゃらない印象を受けます。

 

 

「俺の肝臓は、フォアグラなんだって!脂肪肝らしいんだけど、
お酒はやめられないよね?、人生の楽しみがなくなっちゃうもん。」

 

なんて言われる方もいらっしゃいました。

 

 

確かに、人生の楽しみがお酒なのであれば、
毎日の大変な仕事の後になんだか脱力になってしまいそう。

 

 

ですが、お酒以外にも楽しみは見つけられるはずです!

 

どうしてもお酒が恋しい方は、
とりあえずノンアルコールビールなどで気を紛らわしてみたらいかがでしょうか。

 

 

ノンアルコールのカクテルなんかも、
本当にカクテルのような味に仕上がっていますから
特に女性でチューハイなどで毎晩晩酌をされる方は、
缶チューハイをノンアルコールに変えてみるのもお勧めです。

 

 

脂肪肝は放っておくと、肝硬変、肝臓がんと進行して危険です。

 

脂肪肝といっても甘く見ずに、しっかり治療を考えて行かなくては、
いずれ痛い目に合うのは自分ですからね。

 

 

脂肪肝といわれてしまったら、食生活をただし、
アルコールは控え、適度な運動を心がけましょう。

 

運動をすることでまた、ストレスの解消になるかもしれませんよ。

脂肪肝を放っておくと危険関連ページ

肝機能の低下では疲労感がまずは現れます
肝臓の主な働きの一つに、体内の毒を消す働きがあります。
脂肪肝とガンマGTP
脂肪肝の方は、ガンマGTPの数値が健康診断などでは高いと出る方がほとんどです。
ガンマGTPと脂肪肝
自分はやや肥満傾向だ、というかたでガンマGTPの数値が高いと言われてしまったら、自分の肝臓は脂肪肝になりかけていると思ったほうがいいかもしれません。
脂肪肝になるとどんな病気になるのか
脂肪肝というのは、肝臓の周りにバターがついているような、フォアグラのような肝臓になってしまう病気を指します。
ガンマGTPの数値別に見る病気のリスク
ガンマGTPの数値がどのレベルに達するとどんな病気になりやすいのかについてお伝えします。