脂肪肝になるとどんな病気になるのか

脂肪肝になるとどんな病気になるのか

脂肪肝というのは、肝臓の周りにバターがついているような、
フォアグラのような肝臓になってしまう病気を指します。

 

 

食生活の欧米化、脂質や糖質の多い食事ばかりを食べている方に多く見られ、
またアルコールを摂取する方も脂肪肝になりやすいのが特徴です。

 

脂肪肝になると、全身症状が現れる場合もあります。つねにだるい、
倦怠感がある、おなか周りが苦しいなど。。。 

 

 

ついつい食べ過ぎが続いてしまっている方も、
肝臓には負担が言っていると思って要注意したほうが良いかと思います。

 

 

脂肪肝という病気は、そのまま放置して
いつもと同じ生活を続けているとだんだん脂肪肝が進行し、
肝硬変などの思い肝臓の病気を引き起こすことでも知られています。

 

 

肝硬変から肝臓がんとなり、脂肪肝が引き金となって命を落とすことだってあるわけですから、
脂肪肝くらいと放置せずにしっかり対処することが大切です。

 

 

脂肪肝になりかけていたり、また脂肪肝になってしまったらどうすればよいか、
それはまず日ごろの不摂生を正しましょう。

 

アルコールを飲んでいる方はアルコールを絶つ、
適度な運動をする、アルコール以外の肥満などで脂肪肝になっている方は、
脂質や糖質の摂取を控えるといった工夫が必要ですね。

 

また、食事からタンパク質を積極的にとるのも良いそうですよ。

脂肪肝になるとどんな病気になるのか関連ページ

肝機能の低下では疲労感がまずは現れます
肝臓の主な働きの一つに、体内の毒を消す働きがあります。
脂肪肝とガンマGTP
脂肪肝の方は、ガンマGTPの数値が健康診断などでは高いと出る方がほとんどです。
ガンマGTPと脂肪肝
自分はやや肥満傾向だ、というかたでガンマGTPの数値が高いと言われてしまったら、自分の肝臓は脂肪肝になりかけていると思ったほうがいいかもしれません。
脂肪肝を放っておくと危険
私の知人で、脂肪肝と健康診断で言われている方でも、みなさんあまり気に留めていらっしゃらない印象を受けます。
ガンマGTPの数値別に見る病気のリスク
ガンマGTPの数値がどのレベルに達するとどんな病気になりやすいのかについてお伝えします。