脂肪肝 ガンマGTP

脂肪肝とガンマGTP

脂肪肝の方は、ガンマGTPの数値が健康診断などでは高いと出る方がほとんどです。

 

ガンマGTPの数値は、例えば抗てんかん薬、
ステロイドや糖尿病関連の薬のせいで上昇することもわかっていますが、
アルコール性でない過栄養性脂肪肝でもガンマGTPの値は上がるようですよ。

 

 

それから、健康診断の前日に脂っこい食事は控えたほうがよいかもしれません。
というのも、脂肪肝でなくても、検査の前に脂っこいものを食べると、
ガンマGTPの数値が上がることがあるそうですからね。

 

脂っこいものがお好きな方は、脂っこいものを我慢するのってつらいですよね?。
子供のころから、油ものが大好きな家系で育ってしまうと、
なかなか習慣となってしまって脂っこいものを
週に1回から2回程度に減らすというのは難しいかもしれません。

 

 

が、脂肪肝でありガンマGTPの数値が高いのであれば、
神様から言われたと思って脂っこいものは週に1?2回のお楽しみに、
甘いものも控え、良質なたんぱく質をたくさん摂取して健康に気を使いましょう。

 

 

長く生きる人生となるか、短く終わるかは
自分の手にかかっているといっても過言ではないのです。
お医者さんや医療に頼る前に、自分でできることをやって改善していきましょう。

脂肪肝とガンマGTP関連ページ

肝機能の低下では疲労感がまずは現れます
肝臓の主な働きの一つに、体内の毒を消す働きがあります。
ガンマGTPと脂肪肝
自分はやや肥満傾向だ、というかたでガンマGTPの数値が高いと言われてしまったら、自分の肝臓は脂肪肝になりかけていると思ったほうがいいかもしれません。
脂肪肝になるとどんな病気になるのか
脂肪肝というのは、肝臓の周りにバターがついているような、フォアグラのような肝臓になってしまう病気を指します。
脂肪肝を放っておくと危険
私の知人で、脂肪肝と健康診断で言われている方でも、みなさんあまり気に留めていらっしゃらない印象を受けます。
ガンマGTPの数値別に見る病気のリスク
ガンマGTPの数値がどのレベルに達するとどんな病気になりやすいのかについてお伝えします。