肝機能 改善 食べ物

肝機能の低下と飲み会の締めのラーメン

お酒を飲んだあとの締めとして、ラーメンやお茶漬けをたべたくなることがよくあります。

 

それを見透かしたかのように、夜の繁華街のあちこちでラーメン屋を見かけます。

 

これは、たまたまラーメン屋がそこのあるわけではなく、お酒を飲むと

 

ラーメンが食べたくなるという心理を利用しているものなのです。

 

 

 

お酒にもカロリーがありことは皆さんもご存知の通りです。

 

それを相当量飲めば、そんなにお腹がすくわけはないのですが、

 

ラーメンだけは無性に食べたくなるから不思議ですね。

 

ラーメンだけは別腹なのでしょうかと勘ぐってしまいたくなります。

 

 

 

よくいわれるような別腹というのは存在しません。

 

ですから、ラーメンを無意識のうちに求めるのはそれだけの理由があるのです。

 

お酒は、体内に入るとそのカロリーの多くはすぐに消費され、熱の形で体外に

 

出ていってしまいます。

 

顔が赤くなるのはそのためですね。

 

逆にこのような機能がなくなると肝機能が低下していることなので要注意といえます。

 

俗に、顔色が変わらない人はお酒に強いと思われがちですが、逆に肝機能の働きが

 

弱い人ともいえるのです。

 

 

 

お酒を飲んでもカロリーは体に蓄積されませんので、お腹はすいた状態となり、

 

エネルギーの不足には炭水化物が一番ですから、お茶漬けやラーメンが

 

欲しくなってしますのです。

 

 

 

ですから、締めのラーメンはエネルギーの補給と肝機能の低下を抑制する効果があります。

 

しかし、胃には負担をかけてしまうので注意は必要ですね。

肝機能の低下と飲み会の締めのラーメン関連ページ

毎日みそ汁2杯で肝機能の低下を抑えます
みそは日本が誇る代表的な発酵食品です。 みそには、タンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルがとても多く含まれています。
肝機能の低下を防ぐにはタンパク質を多く含む食事をしましょう
お酒に合う肴とはどのようなものがいいのでしょうか。
ガンマGTPと食事
ガンマGTPの数値が高い方は、食生活に気を付ける必要がありますよね。