肝機能 改善 食べ物

肝機能の低下を防ぐにはタンパク質を多く含む食事をしましょう

お酒に合う肴とはどのようなものがいいのでしょうか。

 

酒の肴には肝機能の低下を防ぐためのタンパク質の摂取が不可欠なのは

 

間違いないのですが、それでは、どのような食材がいいのかを見ていきましょう。

 

タンパク質を多く含む食品としてすぐに頭に浮かぶのは肉類でしょう。

 

そして、魚や大豆などもタンパク質を多く含んでいます。

 

 

 

特に大豆などの植物性タンパク質は、肉や魚などの動物性タンパク質には

 

少ない必須アミノ酸をたくさん含んでいますので肝機能の低下には

 

かなりの効果があります。

 

以上のことから、お酒の肴には肉や魚に頼ることはなく、植物性タンパク質も

 

忘れないように摂取しましょう。

 

 

 

具体的には、湯豆腐や冷や奴などは酒の肴の定番ではないでしょうか。

 

居酒屋には必ずメニューに含まれていると思います。

 

 

 

他には、あさりの酒蒸し、カキのおろしあえ、白身魚の刺身、いか・たこ・貝類の

 

刺身などもいいでしょう。

 

 

 

豆腐などは、あっさりしているにもかかわらず植物性タンパク質が豊富に含まれていて

 

とてもお勧めです。

 

ヘルシーでかつ肝機能の低下を抑えるにはかなりの効果が期待できるのです。

 

またお酒の席の定番として、枝豆も好まれますが、枝豆もタンパク質が豊富です。

 

できることならあまり塩はふりかけないで食べるのがお勧めです。

 

 

 

ただし、タンパク質の食材を食べたからといって、お酒をたくさん飲んでいいわけでは

 

ありませんので注意してください。

肝機能の低下を防ぐにはタンパク質を多く含む食事をしましょう関連ページ

毎日みそ汁2杯で肝機能の低下を抑えます
みそは日本が誇る代表的な発酵食品です。 みそには、タンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルがとても多く含まれています。
肝機能の低下と飲み会の締めのラーメン
お酒を飲んだあとの締めとして、ラーメンやお茶漬けをたべたくなることがよくあります。
ガンマGTPと食事
ガンマGTPの数値が高い方は、食生活に気を付ける必要がありますよね。