ガンマGTPと食事

ガンマGTPと食事

ガンマGTPの数値が高い方は、食生活に気を付ける必要がありますよね。
脂肪肝になりかけている方など、
ガンマGTPの数値が高いということはそれだけ肝臓に負担がかかっていることは間違いないので、
アルコールの量を減らすか、または禁酒するといった方法のほかにも、食生活を改善する必要があります。

 

 

一番よいのは、お肉は、脂の少ない部分を1回の食事で100g程度としたらよいとのこと。

 

 

中性脂肪が気になる方は、タンパク質はお肉からではなく、
お豆腐や青魚から取り入れて上手に工夫することがポイントです。

 

もちろん、お野菜のおかずを増やすことも大切です。

 

 

マヨネーズをかける、油で炒めるのはNG。蒸す、茹でるなど、調理方法は工夫してくださいね。
野菜ジュースで果物が入っていないものも、ガンマGTPにとっては良い食事と言えるでしょう。

 

野菜ジュースをスープに使ってもよいですね。

 

 

また、汁物は具を増やして、汁を少なくすることで塩分摂取を減らすことができますよ。

 

 

揚げ物は、週1?2回くらいで、我慢することが大切です。
また、脂肪肝は何よりもまず運動不足から生じていることが多いことから、
激しくはない適度な運動をするのがお勧めだそうですよ。まずは毎日30分でも、歩いてみてはいかがでしょうか。

ガンマGTPと食事関連ページ

毎日みそ汁2杯で肝機能の低下を抑えます
みそは日本が誇る代表的な発酵食品です。 みそには、タンパク質をはじめ、ビタミンやミネラルがとても多く含まれています。
肝機能の低下を防ぐにはタンパク質を多く含む食事をしましょう
お酒に合う肴とはどのようなものがいいのでしょうか。
肝機能の低下と飲み会の締めのラーメン
お酒を飲んだあとの締めとして、ラーメンやお茶漬けをたべたくなることがよくあります。